YOLP(地図)

Flash版地図 Version 2 リファレンスマニュアル




このWeb APIは古いバージョンのため、2014年5月31日をもって廃止いたします。新しいYOLP地図APIへの移行をお願いいたします。Yahoo! JavaScriptマップAPI、もしくはYahoo!スタティックマップAPIをご利用ください。

Flash版地図APIで利用可能な初期化パラメータおよびメソッド、イベントの説明をします。

初期設定パラメータ

Flash地図コンテンツをHTMLに埋め込む際、flashvarsパラメータに設定する内容について説明します。

パラメータ 説明
pos 初期表示位置(ホーム位置)の緯度経度文字列を指定します。ここで指定した位置はホーム位置に登録され、homeToメソッド呼び出し時、この場所に移動します。
layer 初期表示位置(ホーム位置)の縮尺を指定します。縮尺は1~11の数値で値が大きくなるほど広域になります。ここで指定した縮尺はホーム位 置に登録され、homeToメソッド呼び出し時、この縮尺の地図が表示されます。
mode 初期表示位置(ホーム位置)の地図の種類を指定します。

設定値:

  • map - 地図
  • aero - 航空写真
ここで指定した地図の種類はホーム位置に登録され、homeToメソッド呼び出し時、この地図の種類が表示されます。
datum 測地系を指定します。指定しない場合、日本測地系になります。

設定値:

  • tokyo97 - 日本測地系
  • wgs84 - 世界測地系
mapTitle 地図上に表示するタイトル文字列を指定します。デフォルトでタイトル文字列を表示させる場合は、visibleMapTitleパラメータをtrueに設定 してください。
visibleMapTitle 地図上にタイトルを表示するかどうかを設定します。trueならタイトルを表示、falseなら非表示にします。指定がない場合、タイトルは表示 されません。
visibleUIController 地図上にUIコントローラ(地図の拡大・縮小ボタンなど)を表示するかどうかを設定します。trueならUIコントローラを表示、falseなら非表 示にします。指定がない場合、UIコントローラは表示されます。
visibleSliderbar 地図上に縮尺切り替えスライダーバーを表示するかどうかを設定します。trueならスライダーバーを表示、falseならプラスとマイナスの拡大 縮小ボタンのみ表示されます。指定がない場合、スライダーバーが表示されます。
visibleModeButton 地図上に地図の種類切り替えボタンを表示するかどうかを設定します。trueなら切り替えボタンを表示、falseなら非表示にします。指定がな い場合、切り替えボタンは表示されます。
visibleScalebar 地図上にスケールバーを表示するかどうかを設定します。trueならスケールバーを表示、falseなら非表示にします。指定がない場合、スケー ルバーは表示されます。
visibleCompus 地図上にコンパスを表示するかどうかを設定します。trueならコンパスを表示、falseなら非表示にします。指定がない場合、コンパスは表示 されます。
visibleCenterMark 地図上に中心点を表示するかどうかを設定します。trueなら中心点を表示、falseなら非表示にします。指定がない場合、中心点は表示されま す。
enableDblClickCentering 地図をダブルクリックしてのセンタリングを有効にするかどうかを設定します。trueなら有効、falseなら無効にします。指定がない場合、有 効になります。

enableDblClickCenteringとenableSingleClickCenteringを両方ともtrueに設定した場合は、enableSingleClickCenteringの方が優先されます。
enableSingleClickCentering 地図をシングルクリックしてのセンタリングを有効にするかどうかを設定します。trueなら有効、falseなら無効にします。指定がない場合、 無効になります。trueを指定すると、ダブルクリックでのセンタリングは自動的に無効になります。

enableDblClickCenteringとenableSingleClickCenteringを両方ともtrueに設定した場合は、enableSingleClickCenteringの方が優先されます。

メソッド

メソッド 説明
moveTo(lat,lon) 指定した位置に移動します。

パラメータ:

  • lat - 緯度(文字列またはNumber型)
  • lon - 経度(文字列またはNumber型)
layerTo(layer) 指定した縮尺に切り替えます。

パラメータ:

  • layer - 縮尺(1~11)
angleTo(angle) 地図を指定の角度に変更します。角度は北が0度で左回りに正を取ります。

パラメータ:

  • angle - 角度(度表記)
changeMode(mode) 地図の種類を切り替えます。

パラメータ:

  • mode - 地図の種類。"map"(地図)、"aero"(航空写真)を指定できます。
smoothMoveTo(lat,lon) 指定した位置へスムーズに移動します。

パラメータ:

  • lat - 緯度(文字列またはNumber型)
  • lon - 経度(文字列またはNumber型)
smoothLayerTo(layer) 指定した縮尺へスムーズに切り替えます。

パラメータ:

  • layer - 縮尺(1~11)
smoothAngleTo(angle) 地図を指定の角度へスムーズに変更します。角度は北が0度で左回りに正を取ります。

パラメータ:

  • angle - 角度(度表記)
smoothChangeMode(mode) 地図の種類をスムーズに切り替えます。

パラメータ:

  • mode - 地図の種類。"map"(地図)、"aero"(航空写真)を指定できます。
homeTo() ホーム位置へ移動します。
addCategory(id, img, size, dx, dy) アイコンのカテゴリを追加します。

パラメータ:

  • id - カテゴリのID(任意の文字列が使用可能)
  • img - アイコン画像のURL
  • size - アイコンのサイズ(ピクセル値)
  • dx - アイコンの指示点の位置x(アイコンの中心が原点で右上が正)
  • dy - アイコンの指示点の位置y(アイコンの中心が原点で右上が正)
removeCategory(id) アイコンのカテゴリを削除します。

パラメータ:

  • id - 削除するカテゴリのID
addIcon(id, lat, lon, popup, cat) アイコンを追加します。追加したアイコンは、すべての縮尺で表示されます。

パラメータ:

  • id - アイコンのID(任意の文字列が使用可能)
  • lat - 緯度(文字列またはNumber型)
  • lon - 経度(文字列またはNumber型)
  • popup - 吹き出しの内容(HTMLが使用可能)
  • cat - アイコンの種類(省略化)

カテゴリには、addCategory()で追加したカテゴリのほか、以下のIDが使用できます。

  • "L1" - 大きいアイコン1(デフォルト)
  • "L2" - 大きいアイコン2
  • "L3" - 大きいアイコン3
  • "L4" - 大きいアイコン4
  • "L5" - 大きいアイコン5
  • "S1" - 小さいアイコン1
  • "S2" - 小さいアイコン2
  • "S3" - 小さいアイコン3
  • "S4" - 小さいアイコン4
  • "S5" - 小さいアイコン5
removeIcon(id) アイコンを削除します。

パラメータ:

  • id - 削除するアイコンのID(addIconで指定した値)
addIcons(pois) 複数のアイコンを追加します。追加したアイコンは、すべての縮尺で表示されます。

パラメータ:

  • pois - アイコンリスト
moveToIcon(id) アイコンの位置に地図を移動します。

パラメータ:

  • id - アイコンのID(addIconで指定した値)
visibleScalebar(value) スケールバーの表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueならスケールバーを表示、falseなら非表示にします。
visibleMapTitle(value) 地図上のタイトルの表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueならタイトルを表示、falseなら非表示にします。
visibleUIController(value) UIコントローラ(地図の拡大・縮小ボタンなど)の表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueならUIコントローラを表示、falseなら非表示にします。
visibleSliderbar(value) スライダーバーの表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueならスライダーバーを表示、falseならプラスマイナスの拡大縮小ボタンのみ表示されます。
visibleCompus(value) コンパスの表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueならコンパスを表示、falseなら非表示にします。
visibleCenterMark(value) 中心点の表示/非表示を設定します。

パラメータ:

  • value - trueなら中心点を表示、falseなら非表示にします。
getCenter() 中心の緯度経度を取得します。

戻り値:中心位置の緯度経度を格納したObject型で返ります。lat,lonをメンバーに持ちます。

getCurrentLayer() 現在の縮尺を取得します。

戻り値:縮尺のIDがNumber型(1~11)で返ります。

getCurrentMode() 現在の地図の種類を取得します。

戻り値:地図の種類がString型("map"、"aero")で返ります。

イベント

イベント 説明
initilized() 初期化が終了したときに発生します。地図を生成後、initilizedイベントが発生するまで、そのほかのメソッドを呼び出さないでください。
mapMoved(lat,lon) 地図が移動したときに発生します。
  • lat - 緯度(度表記)
  • lon - 経度(度表記)
layerChanged(layerId) 縮尺が切り替わったときに発生します。
  • layerId - 縮尺のID(1~11)
angleChanged(angle) 地図の回転角度が変更されたときに発生します。
  • angle - 回転角度(度表記)
modeChanged(mode) 地図の種類が切り替わったときに発生します。
  • mode - "map"(地図)、"aero"(航空写真)
homeMoved() ホームボタンが押されたり、homeToメソッドが呼ばれたときに発生します。
mapClick(lat,lon) 地図面上をクリックしたときに発生します。
  • lat - 緯度(度表記)
  • lon - 経度(度表記)
iconClick(id) アイコンをクリックしたときに発生します。
  • id - クリックしたアイコンのID
dragScrollStart() ユーザーが地図のドラッグスクロールを開始したときに発生します。