チュートリアル

Yahoo! iOSマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

地図の種類を変更する2

図式の変更方法

スタイル地図は、属性を指定することにより、図式を設定したり、オブジェクトの表示・非表示を制御することができます。
属性の値渡しには、「:」(コロン)を用います。

複数の属性を指定する場合は、addObjectで設定を追加します。
属性は後に設定された内容の方が優先順位が高くなります。

[ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"off:figure"]];

設定したスタイル配列を、setMapTypeで設定します。その際、地図の図式を指定します。

[map setMapType:YMKMapTypeStyle MapStyle:@"vivid" MapStyleParam:ary];

以下の例では、まずすべてのコンビニエンスストアを非表示とし、特定のブランドのコンビニエンスストアを表示します。
図式はstandardを指定しています。

[ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"off:store"]];
[ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"on:store01"]];
[map setMapType:YMKMapTypeStyle MapStyle:@"standard" MapStyleParam:ary];

設定可能な図式(vividなど)については、こちらをご覧ください。
また、設定可能なオブジェクト(on:store01など)については、こちらをご覧ください。

以下は、設定可能な図式のうち、boldrailwayを表示した例です。
また、図式でstandardを設定しつつ、設定可能なオブジェクトのうち、landmarkline_nameを非表示とし、storeを表示に設定した例もご覧ください。

  • 図式にboldを設定
    [map setMapType:YMKMapTypeStyle MapStyle:@"bold" MapStyleParam:nil];
    
  • 図式にrailwayを設定
    [map setMapType:YMKMapTypeStyle MapStyle:@"railway" MapStyleParam:nil];
    
  • 図式にstandardを設定し、オブジェクト表示をカスタマイズ
    NSMutableArray* ary=[NSMutableArray array];
    [ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"off:landmark"]];
    [ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"on:store"]];
    [ary addObject:[NSString stringWithFormat:@"off:line_name"]];
    [map setMapType:YMKMapTypeStyle MapStyle:@"standard" MapStyleParam:ary];