YOLP(地図)

Base クラス

SilverlightマップAPIは、2014年5月31日をもって廃止いたします。他のYOLP地図APIへの移行をお願いいたします。Yahoo! JavaScriptマップAPI、もしくはYahoo!スタティックマップAPIをご利用ください。

Base クラス

クラス一覧へ

Class Bounds

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Bounds

Summary

ピクセル矩形領域

矩形の領域をピクセル単位で管理します。地理座標での矩形領域にはLatLngBoundsを使用します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
Bounds(points)
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
矩形左端のx座標
 
矩形下端のy座標
 
矩形右端のx座標
 
矩形上端のy座標

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
矩形領域の下ピクセル座標を取得します。
 
ContainsBounds(bounds,partial,inclusive)
渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
ContainsBounds(bounds,partial)
渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
渡されたピクセル座標がこの矩形領域に含まれるかどうかを判定します。
 
Equals(other)
矩形領域同士が等しいかどうかを判定します。
 
Intersect(bounds,inclusive)
矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
 
Intersect(bounds)
矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
 
Left()
矩形領域の左ピクセル座標を取得します。
 
Max()
矩形領域の右下ピクセル座標を取得します。
 
Mid()
矩形領域の中心ピクセル座標を取得します。
 
Min()
矩形領域の左上ピクセル座標を取得します。
 
矩形領域の右ピクセル座標を取得します。
 
矩形領域を文字列で取得します。
 
Top()
矩形領域の上ピクセル座標を取得します。

Constructor Detail

  • Bounds(points)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.IList{YPoint}} points
    領域を構成するためのすべてのピクセル座標

Field Detail

  • {System.Double} MaxX
    矩形左端のx座標
  • {System.Double} MaxY
    矩形下端のy座標
  • {System.Double} MinX
    矩形右端のx座標
  • {System.Double} MinY
    矩形上端のy座標

Method Detail

  • Bottom()
    矩形領域の下ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    下ピクセル座標
  • ContainsBounds(bounds,partial,inclusive)
    渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds}bounds
    判定対象の矩形領域
    {System.Boolean} partial
    部分の重なりも評価する(デフォルト:false)
    {System.Boolean} inclusive
    同一座標も評価する(デフォルト:true)
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsBounds(bounds,partial)
    渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds} bounds
    判定対象の矩形領域
    {System.Boolean} partial
    部分の重なりも評価する(デフォルト:false)
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsBounds(bounds)
    渡された矩形領域がこの矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds} bounds
    判定対象の矩形領域
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsPoint(p)
    渡されたピクセル座標がこの矩形領域に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {YPoint} p
    ピクセル座標
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • Equals(other)
    矩形領域同士が等しいかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds} other
    判定対象の矩形領域
    Returns:
    {System.Boolean}
    等しい場合はtrue
  • Intersect(bounds,inclusive)
    矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds} bounds
    判定対象の矩形領域
    {System.Boolean} inclusive
    同一座標も評価する(デフォルト:true)
    Returns:
    {System.Boolean}
    重なる場合はtrue
  • Intersect(bounds)
    矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {Bounds} bounds
    判定対象の矩形領域
    Returns:
    {System.Boolean}
    重なる場合はtrue
  • Left()
    矩形領域の左ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    左ピクセル座標
  • Max()
    矩形領域の右下ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    右下ピクセル座標
  • Mid()
    矩形領域の中心ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    中心ピクセル座標
  • Min()
    矩形領域の左上ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    左上ピクセル座標
  • Right()
    矩形領域の右ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    右ピクセル座標
  • ToString()
    矩形領域を文字列で取得します。
    矩形領域の左上の頂点と右下の頂点のピクセル座標を「,」で区切られたテキスト形式で返します。
    Returns:
    {System.String}
    矩形領域文字列
  • Top()
    矩形領域の上ピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    上ピクセル座標



Class ControlPosition

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟ControlPosition

Summary

コントロール位置

地図上でのコントロール位置を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
ControlPosition(anchor,offset)
位置指定コンストラクタ
 
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
コントロールの固定位置
 
オフセット値

Constructor Detail

  • ControlPosition(anchor,offset)
    位置指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} anchor
    コントロールの固定位置
    {YSize} offset
    固定位置からのオフセット値
  • ControlPosition()
    コンストラクタ

Field Detail

  • {System.String} Anchor
    コントロールの固定位置
    "TOP_RIGHT"(右上)、"TOP_LEFT"(左上)、"BOTTOM_RIGHT"(右下)、"BOTTOM_LEFT"(左下)で指定します。
  • {YSize}Offset
    オフセット値



Class InfoWindow

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟InfoWindow

Summary

吹きだし

地図上に表示される吹きだしです。

Field Summary

属性 フィールド名と説明
set:private
吹きだしが表示中かどうか
set:private
吹きだしが最大化されているかどうか

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
吹きだしを閉じます。
 
Hide()
吹きだしを非表示にします。
 
OnPan(dx,dy)
地図移動時の処理を行います。
 
Show()
吹きだしを表示します。

Event Summary

属性 イベント名と説明
 
閉じるボタン押下イベント
 
クローズイベント
 
最大化ボタン押下イベント
 
最大化完了イベント
 
最小化ボタン押下イベント
 
最小化完了イベント

Field Detail

  • {System.Boolean} IsHidden
    吹きだしが表示中かどうか
  • {System.Boolean} IsMaximize
    吹きだしが最大化されているかどうか

Method Detail

  • Close()
    吹きだしを閉じます。
  • Hide()
    吹きだしを非表示にします。
  • OnPan(dx,dy)
    地図移動時の処理を行います。
    Parameters:
    {System.Double} dx
    x方向の移動距離
    {System.Double} dy
    y方向の移動距離
  • Show()
    吹きだしを表示します。

Event Detail

  • CloseClick
    閉じるボタン押下イベント
    吹きだしの閉じるボタンを押下したときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler
  • Closed
    クローズイベント
    吹きだしが閉じられたときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler
  • MaximizeClick
    最大化ボタン押下イベント
    吹きだしの最大化ボタンを押下したときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler
  • MaximizeEnd
    最大化完了イベント
    吹きだしの最大化が完了したときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler
  • RestoreClick
    最小化ボタン押下イベント
    吹きだしの最小化ボタンを押下したときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler
  • RestoreEnd
    最小化完了イベント
    最大化されていた吹きだしが最小化されたときに発生します。
    Event Type:
    System.EventHandler



Class LatLng

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟LatLng

Summary

地理座標

地点の地理座標(緯度経度)を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
LatLng(lat,lon,unbound)
正規化指定コンストラクタ
 
LatLng(lat,lon)
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
緯度
 
経度
 
正規化されているかどうか

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
2点間の距離をkm単位で取得します。
 
Equals(obj)
地理座標同士が等しいかどうかを判定します。
 
地理座標を文字列で取得します。
 
ToString(orderLatLng)
地理座標を文字列で取得します。

Constructor Detail

  • LatLng(lat,lon,unbound)
    正規化指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Double} lat
    緯度
    {System.Double} lon
    経度
    {System.Boolean} unbound
    正規化(falseの場合-90~90、-180~180に丸めます)
  • LatLng(lat,lon)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Double} lat
    緯度
    {System.Double} lon
    経度

Field Detail

  • {System.Double} Lat
    緯度
  • {System.Double} Lon
    経度
  • {System.Boolean} unbounded
    正規化されているかどうか
    デフォルトはfalseです。

Method Detail

  • Distance(p)
    2点間の距離をkm単位で取得します。
    Parameters:
    {LatLng} p
    計測対象の地理座標
    Returns:
    {System.Double}
    距離(km)
  • Equals(obj)
    地理座標同士が等しいかどうかを判定します。
    Parameters:
    {System.Object} obj
    判定対象の地理座標
    Returns:
    {System.Boolean}
    等しい場合はtrue
  • ToString()
    地理座標を文字列で取得します。
    地理座標の緯度と経度を「,」で区切られたテキスト形式で返します。
    Returns:
    {System.String}
    地理座標文字列
  • ToString(orderLatLng)
    地理座標を文字列で取得します。
    地理座標の緯度と経度を「,」で区切られたテキスト形式で返します。
    Parameters:
    {System.Boolean} orderLatLng
    緯度と経度の順
    Returns:
    {System.String}
    地理座標文字列



Class LatLngBounds

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟LatLngBounds


Summary

地理座標矩形領域

地理座標で矩形領域を表します。


Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
LatLngBounds(sw,ne)
コンストラクタ

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
ContainsBounds(bounds,partial,inclusive)
渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
ContainsBounds(bounds,partial)
渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
 
ContainsLatLng(ll,inclusive)
渡された地理座標がこの地理座標矩形領域に含まれるかどうかを判定します。
 
Extend(ll)
渡された地理座標を含むようにこの地理座標矩形領域を拡大します。
 
ExtendRate(rate)
指定された割合だけ地理座標矩形領域を拡大します。
 
地理座標矩形領域の中心地理座標を取得します。
 
地理座標矩形領域の北東の頂点の地理座標を取得します。
 
地理座標矩形領域の南西の頂点の地理座標を取得します。
 
Intersect(bounds,inclusive)
地理座標矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
 
この地理座標矩形領域が空かどうかを取得します。
 
地理座標矩形領域のサイズを表す地理座標を取得します。
 
地理座標矩形領域を文字列で取得します。
 
地理座標矩形領域をURLパラメータ用の文字列で取得します。
 
copy()
地理座標矩形領域オブジェクトのコピーを取得します。

Constructor Detail

  • LatLngBounds(sw,ne)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} sw
    南西の地理座標
    {LatLng} ne
    北東の地理座標

Method Detail

  • ContainsBounds(bounds)
    渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {LatLngBounds} bounds
    判定対象の地理座標矩形領域
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsBounds(bounds,partial,inclusive)
    渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {LatLngBounds} bounds
    判定対象の地理座標矩形領域
    {System.Boolean} partial
    部分的に含む場合も評価する(デフォルト:true)
    {System.Boolean} inclusive
    線上も評価する(デフォルト:true)
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsBounds(bounds,partial)
    渡された地理座標矩形領域がこの地理座標矩形領域全体に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {LatLngBounds} bounds
    判定対象の地理座標矩形領域
    {System.Boolean} partial
    部分的に含む場合も評価する(デフォルト:true)
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • ContainsLatLng(ll,inclusive)
    渡された地理座標がこの地理座標矩形領域に含まれるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    判定対象の地理座標
    {System.Boolean} inclusive
    線上も評価する
    Returns:
    {System.Boolean}
    含まれる場合はtrue
  • Extend(ll)
    渡された地理座標を含むようにこの地理座標矩形領域を拡大します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • ExtendRate(rate)
    指定された割合だけ地理座標矩形領域を拡大します。
    Parameters:
    {System.Double} rate
    拡大率
  • GetCenter()
    地理座標矩形領域の中心地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetNorthEast()
    地理座標矩形領域の北東の頂点の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetSouthWest()
    地理座標矩形領域の南西の頂点の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • Intersect(bounds,inclusive)
    地理座標矩形領域同士が重なるかどうかを判定します。
    Parameters:
    {LatLngBounds} bounds
    判定対象の地理座標矩形領域
    {System.Boolean} inclusive
    線上も評価する
    Returns:
    {System.Boolean}
    重なる場合はtrue
  • IsEmpty()
    この地理座標矩形領域が空かどうかを取得します。
    Returns:
    {System.Boolean}
    空の場合はtrue
  • ToSpan()
    地理座標矩形領域のサイズを表す地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • ToString()
    地理座標矩形領域を文字列で取得します。
    地理座標矩形領域の左上の頂点と右下の頂点の地理座標を「,」で区切られたテキスト形式で返します。南西の緯度、南西の経度、北東の緯度、北東の経 度の順です。
    Returns:
    {System.String}
    地理座標矩形領域文字列
  • ToUrlValue()
    地理座標矩形領域をURLパラメータ用の文字列で取得します。
    地理座標矩形領域の左上の頂点と右下の頂点の地理座標を「,」で区切られたテキスト形式で返します。南西の経度、南西の緯度、北東の経度、北東の緯 度の順です。
    Returns:
    {System.String}
    地理座標矩形領域文字列
  • copy()
    地理座標矩形領域オブジェクトのコピーを取得します。
    Returns:
    {LatLngBounds}
    同位置の地理座標矩形領域オブジェクト



Class LayerSet

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟LayerSet

Summary

レイヤーの集合

複数のレイヤーから構成されるレイヤーの集合を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
LayerSet(name,layer,option)
レイヤー・オプション指定コンストラクタ
 
LayerSet(name,layers,option)
複数レイヤー・オプション指定コンストラクタ
 
LayerSet(name,layer)
レイヤー指定コンストラクタ
 
LayerSet(name,layers)
複数レイヤー指定コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
レイヤーセットが利用可能かどうか
 
レイヤーセットに含まれるすべてのレイヤー
set:private
最大ズームレベル
set:private
最小ズームレベル
 
レイヤーセット名
set:private
投影法

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
AddLayer(layer)
レイヤーを追加します。
 
RemoveLayer(layer)
レイヤーを削除します。

Constructor Detail

  • LayerSet(name,layer,option)
    レイヤー・オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} name
    レイヤー名
    {Layer} layer
    レイヤー
    {LayerSetOption} option
    レイヤーセットオプション
  • LayerSet(name,layers,option)
    複数レイヤー・オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} name
    レイヤー名
    {System.Collections.Generic.List{Layer}} layers
    レイヤーのリスト
    {LayerSetOption}option
    レイヤーセットオプション
  • LayerSet(name,layer)
    レイヤー指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} name
    レイヤー名
    {Layer} layer
    レイヤー
  • LayerSet(name,layers)
    複数レイヤー指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} name
    レイヤー名
    {System.Collections.Generic.List{Layer}} layers
    レイヤーのリスト

Field Detail

  • {System.Boolean} Enable
    レイヤーセットが利用可能かどうか
  • {System.Collections.Generic.List{Layer}} Layers
    レイヤーセットに含まれるすべてのレイヤー
  • {System.Int32} MaxZoom
    最大ズームレベル
  • {System.Int32} MinZoom
    最小ズームレベル
  • {System.String} Name
    レイヤーセット名
  • {Projection} Projection
    投影法
    地理座標とタイル座標の投影変換を行う際の投影法です。

Method Detail

  • AddLayer(layer)
    レイヤーを追加します。
    Parameters:
    {Layer} layer
    追加するレイヤー
  • RemoveLayer(layer)
    レイヤーを削除します。
    Parameters:
    {Layer} layer
    削除するレイヤー



Class Tile

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟System.Windows.DependencyObject
      ∟System.Windows.UIElement
         ∟System.Windows.FrameworkElement
            ∟System.Windows.Controls.Control
               ∟System.Windows.Controls.UserControl
                  ∟Tile

Summary

タイル

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
タイルx座標
 
タイルy座標
 
X
タイル位置x
 
Y
タイル位置y

Field Detail

  • {System.Int32} Tx
    タイルx座標
  • {System.Int32} Ty
    タイルy座標
  • {System.Double} X
    タイル位置x
  • {System.Double} Y
    タイル位置y



Class YPoint

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟YPoint

Summary

ピクセル座標

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YPoint(x,y)
数値指定コンストラクタ
 
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
X
x座標
 
Y
y座標

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
Equals(point)
ピクセル座標同士が等しいかどうかを判定します。

Constructor Detail

  • YPoint(x,y)
    数値指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Double} x
    x座標
    {System.Double} y
    y座標
  • YPoint()
    コンストラクタ

Field Detail

  • {System.Double} X
    x座標
  • {System.Double} Y
    y座標

Method Detail

  • Equals(point)
    ピクセル座標同士が等しいかどうかを判定します。
    Parameters:
    {System.Object} point
    ピクセル座標(YPointまたはPoint)
    Returns:
    {System.Boolean}
    等しい場合はtrue



Class YSize

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟YSize

Summary

ピクセルサイズ

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YSize(w,h)
数値指定コンストラクタ
 
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
高さ
 

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
Equals(size)
ピクセルサイズ同士が等しいかどうかを判定します。

Constructor Detail

  • YSize(w,h)
    数値指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Double} w
    {System.Double} h
    高さ
  • YSize()
    コンストラクタ

Field Detail

  • {System.Double} Height
    高さ
  • {System.Double} Width

Method Detail

  • Equals(size)
    ピクセルサイズ同士が等しいかどうかを判定します。
    Parameters:
    {System.Object} size
    ピクセルサイズ(YSizeまたはSize)
    Returns:
    {System.Boolean}
    等しい場合はtrue