YOLP(地図)

Feature クラス

SilverlightマップAPIは、2014年5月31日をもって廃止いたします。他のYOLP地図APIへの移行をお願いいたします。Yahoo! JavaScriptマップAPI、もしくはYahoo!スタティックマップAPIをご利用ください。

Feature クラス

クラス一覧へ

abstract Class Feature

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature

Summary

地物

地図の上に描画される地物のインターフェースで、マーカー、ポリライン、ポリゴン、円などが実装されています。このインターフェースを実装したオブジェクトは、FeatureLayer.AddFeatureを使用して、地図上に描画できます。

See:
YMarker
YPolyline
YPolygon
YCircle

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
set:protected
Id
ID
 
名前

Delegate Summary

属性 デリゲート名と説明
 
ドラッグ完了イベント定義
 
ドラッグ開始イベント定義
 
ドラッグイベント定義
 
クリックイベント定義
 
マウスダウンイベント定義
 
マウスアウトイベント定義
 
マウスオーバーイベント定義
 
マウスアップイベント定義

Method Summary

属性 メソッド名と説明
abstract
Draw()
地物を描画します。
 
吹きだしのオフセット値を取得します。
abstract
地物の地理座標を取得します。
abstract
地物の地理座標列を取得します。
 
地物に関連付けられているレイヤーを取得します。
 
地物に関連付けられている地図を取得します。
abstract
地物のピクセル座標を取得します。
 
Initialize(layer)
地物を初期化します。
 
地物がクリック可能かどうかを取得します。
 
ドラッグでの地物の移動が可能かどうかを取得します。
 
地物がレイヤー上に描画済みかどうかを取得します。
 
OpenInfoWindow(content,options)
地物上に吹きだしを表示します。
abstract
地物を削除します。
 
SetClickable(clickable)
地物がクリック可能かどうかを設定します。
 
SetDraggable(draggable)
ドラッグでの地物の移動を可能にするかどうかを設定します。
abstract
地物の地理座標を設定します。
abstract
地物の地理座標列を設定します。

Event Summary

属性 イベント名と説明
 
クリックイベント
 
ドラッグイベント
 
ドラッグ完了イベント
 
ドラッグ開始イベント
 
マウスダウンイベント
 
マウスアウトイベント
 
マウスオーバーイベント
 
マウスアップイベント

Constructor Detail

  • Feature()
    コンストラクタ

Field Detail

  • {System.String} Id
    ID
  • {System.String} Name
    名前

Delegate Detail

  • DragEnd_EventHandler(sender,e)
    ドラッグ完了イベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • DragStart_EventHandler(sender,e)
    ドラッグ開始イベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • Drag_EventHandler(sender,e)
    ドラッグイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • MouseClick_EventHandler(sender,e)
    クリックイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • MouseDown_EventHandler(sender,e)
    マウスダウンイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • MouseOut_EventHandler(sender,e)
    マウスアウトイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • MouseOver_EventHandler(sender,e)
    マウスオーバーイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数
  • MouseUp_EventHandler(sender,e)
    マウスアップイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.Windows.Input.MouseEventArgs} e
    イベント引数

Method Detail

  • Draw()
    地物を描画します。
    Layerから呼び出されます。
    See:
    Layer
  • GetInfoWindowOffset()
    吹きだしのオフセット値を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    オフセット値
  • GetLatLng()
    地物の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    地物の地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetLayer()
    地物に関連付けられているレイヤーを取得します。
    Returns:
    {Layer}
    レイヤー
  • GetMap()
    地物に関連付けられている地図を取得します。
    Returns:
    {Map}
    地図
  • GetPoint()
    地物のピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • Initialize(layer)
    地物を初期化します。
    FeatureLayer.AddFeatureを使用して、レイヤーに地物が追加されるときに呼び出されます。
    Parameters:
    {Layer} layer
    地物をはり付けるレイヤー
    See:
    FeatureLayer.AddFeature(Feature)
  • IsClickable()
    地物がクリック可能かどうかを取得します。
    Returns:
    {System.Boolean}
    クリック可能の場合はtrue
  • IsDraggable()
    ドラッグでの地物の移動が可能かどうかを取得します。
    Returns:
    {System.Boolean}
    ドラッグでの移動が可能の場合はtrue
  • IsDrawn()
    地物がレイヤー上に描画済みかどうかを取得します。
    Returns:
    {System.Boolean}
    描画済みの場合はtrue
    See:
    Layer
  • OpenInfoWindow(content,options)
    地物上に吹きだしを表示します。
    文字列を指定します。
    Parameters:
    {System.String} content
    表示する内容
    {InfoWindowOption} options
    吹きだしのオプション
    Returns:
    {InfoWindow}
    表示される吹きだし
  • Remove()
    地物を削除します。
    Layerから呼び出されます。
    See:
    Layer
  • SetClickable(clickable)
    地物がクリック可能かどうかを設定します。
    Parameters:
    {System.Boolean} clickable
    クリック可能かどうか
  • SetDraggable(draggable)
    ドラッグでの地物の移動を可能にするかどうか設定します。
    Parameters:
    {System.Boolean} draggable
    ドラッグでの移動が可能かどうか
  • SetLatLng(ll)
    地物の地理座標を設定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • SetLatLngs(lls)
    地物の地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列

Event Detail




Class MultiFeature

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟MultiFeature

Summary

グループ化された地物

Field Summary

属性 フィールド名と説明
set:private
グループ化された地物

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
地物の地理座標を取得します。
 
地物の地理座標列を取得します。
 
地物のピクセル座標を取得します。

Field Detail

  • {System.Collections.Generic.List{Feature}} Features
    グループ化された地物

Method Detail

  • GetLatLng()
    地物の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    地物の地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    地物のピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標



Class NonGeometry

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟NonGeometry

Summary

拠点の位置情報のない地物

Geometry情報(拠点の位置を表す情報)を持たない地物を保持します。

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
アイコン
set:protected
タイトル

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
地物の地理座標を取得します。
 
地物の地理座標列を取得します。
 
地物のピクセル座標を取得します。

Field Detail

  • {YIcon} Icon
    アイコン
  • {System.String} Title
    タイトル

Method Detail

  • GetLatLng()
    地物の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    地物の地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    地物のピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標



Class YCircle

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YCircle

Summary

地図上に描画される円を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YCircle(ll,radius,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YCircle(ll,radius)
コンストラクタ

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
円の中心点の地理座標を取得します。
 
円の地理座標列を取得します。
 
円の中心点のピクセル座標を取得します。
 
円の半径をkm単位で取得します。
 
円の中心点の地理座標を設定します。
 
円の地理座標列を設定します。

Constructor Detail

  • YCircle(ll,radius,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    円の中心点の地理座標
    {System.Double} radius
    円の半径(ピクセル単位)
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YCircle(ll,radius)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    円の中心点の地理座標
    {System.Double} radius
    円の半径(ピクセル単位)

Method Detail

  • GetLatLng()
    円の中心点の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    円の地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    円の中心点のピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • GetRadiusKilometers()
    円の半径をkm単位で取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    円の半径(km)
  • SetLatLng(ll)
    円の中心点の地理座標を設定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • SetLatLngs(lls)
    円の地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列



Class YEllipse

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YEllipse

Summary

楕円(だえん)

地図上に描画される楕円を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YEllipse(ll,hradius,vradius,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YEllipse(ll,hradius,vradius)
コンストラクタ

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
楕円の横半径をkm単位で取得します。
 
楕円の中心点の地理座標を取得します。
 
楕円の地理座標列を取得します。
 
楕円の中心点のピクセル座標を取得します。
 
楕円の縦半径をkm単位で取得します。
 
楕円の中心点の地理座標を設定します。
 
楕円の地理座標列を設定します。

Constructor Detail

  • YEllipse(ll,hradius,vradius,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    楕円の中心点の地理座標
    {System.Double} hradius
    楕円の横半径(ピクセル単位)
    {System.Double} vradius
    楕円の縦半径(ピクセル単位)
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YEllipse(ll,hradius,vradius)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    楕円の中心点の地理座標
    {System.Double} hradius
    楕円の横半径(ピクセル単位)
    {System.Double} vradius
    楕円の縦半径(ピクセル単位)

Method Detail

  • GetHRadiusKilometers()
    楕円の横半径をkm単位で取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    楕円の横半径(km)
  • GetLatLng()
    楕円の中心点の地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    楕円の地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    楕円の中心点のピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • GetVRadiusKilometers()
    楕円の縦半径をkm単位で取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    楕円の縦半径(km)
  • SetLatLng(ll)
    楕円の中心点の地理座標を設定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • SetLatLngs(lls)
    楕円の地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列



Class YIcon

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟System.Windows.DependencyObject
      ∟System.Windows.UIElement
         ∟System.Windows.FrameworkElement
            ∟System.Windows.Controls.Control
               ∟System.Windows.Controls.UserControl
                  ∟YIcon

Summary

アイコン

マーカーで使用するアイコン画像を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YIcon(image,options)
画像・オプション指定コンストラクタ
 
YIcon(image)
画像指定コンストラクタ
 
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
アイコンの表示位置
 
アイコンのサイズ
set:private
アイコンのURL
 
吹きだしの表示位置
 
ツールチップの表示位置
 
回転の角度

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
アイコンを生成します。
 
アイコン画像を取得します。

Constructor Detail

  • YIcon(image,options)
    画像・オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} image
    アイコン画像のURL
    {YIconOption} options
    アイコンオプション
  • YIcon(image)
    画像指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.String} image
    アイコン画像のURL
  • YIcon()
    コンストラクタ

Field Detail

  • {YPoint} IconAnchor
    アイコンの表示位置
  • {YSize} IconSize
    アイコンのサイズ
  • {System.String} Image
    アイコンのURL
  • {YPoint} InfoWindowAnchor
    吹きだしの表示位置
  • {YPoint} LabelAnchor
    ツールチップの表示位置
  • {System.Double} Rotation
    回転の角度

Method Detail

  • CreateIcon()
    アイコンを生成します。
  • GetImg()
    アイコン画像を取得します。
    Returns:
    {System.Windows.Controls.Image}
    アイコン画像



Class YLabel

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YLabel

Summary

ラベル

地図上にラベルを表示します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YLabel(ll,label,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YLabel(ll,label)
コンストラクタ

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
ラベルの地理座標を取得します。
 
ラベルの地理座標列を取得します。
 
ラベルのピクセル座標を取得します。
 
ラベルの地理座標を設定します。
 
ラベルの地理座標列を設定します。

Constructor Detail

  • YLabel(ll,label,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
    {System.String} label
    表示する文字列
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YLabel(ll,label)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
    {System.String} label
    表示する文字列

Method Detail

  • GetLatLng()
    ラベルの地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    ラベルの地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    ラベルのピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • SetLatLng(ll)
    ラベルの地理座標を設定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • SetLatLngs(lls)
    ラベルの地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列



Class YMarker

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YMarker

Summary

マーカー

地図上にマーカーを表示します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YMarker(ll,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YMarker(ll)
コンストラクタ

Field Summary

属性 フィールド名と説明
 
アイコン
 
地理座標
set:protected
タイトル

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
マーカーの地理座標を取得します。
 
マーカーの地理座標列を取得します。
 
マーカーのピクセル座標を取得します。
 
SetIcon(icon)
アイコンを設定します。
 
マーカーの地理座標を設定します。
 
マーカーの地理座標列を設定します。
 
SetRotation(angle)
アイコンの回転角度を設定します。
 
SetTitle(title)
マーカーのタイトルを設定します。

Constructor Detail

  • YMarker(ll,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YMarker(ll)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標

Field Detail

  • {YIcon} Icon
    アイコン
  • {LatLng} LatLng
    地理座標
  • {System.String} Title
    タイトル
    マーカーのツールチップとして表示されます。

Method Detail

  • GetLatLng()
    マーカーの地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    マーカーの地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    マーカーのピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • SetIcon(icon)
    アイコンを設定します。
    Parameters:
    {YIcon} icon
    アイコン
  • SetLatLng(ll)
    マーカーの地理座標を設定します。
    Parameters:
    {LatLng} ll
    地理座標
  • SetLatLngs(lls)
    マーカーの地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列
  • SetRotation(angle)
    アイコンの回転角度を設定します。
    Parameters:
    {System.Double} angle
    回転角度
  • SetTitle(title)
    マーカーのタイトルを設定します。
    タイトルはマウスオーバー時にツールチップとして表示されます。
    Parameters:
    {System.String} title
    タイトル



Class YPolygon

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YPolygon

Summary

ポリゴン

地図上にポリゴンを表示します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YPolygon(lls,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YPolygon(lls)
コンストラクタ

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
ポリゴンの地理座標を取得します。
 
ポリゴンの地理座標列を取得します。
 
ポリゴンのピクセル座標を取得します。
 
ポリゴンの地理座標列を設定します。

Constructor Detail

  • YPolygon(lls,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YPolygon(lls)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列

Method Detail

  • GetLatLng()
    ポリゴンの地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    ポリゴンの地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetPoint()
    ポリゴンのピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • SetLatLngs(lls)
    ポリゴンの地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列



Class YPolyline

NameSpace

YahooJapan.OpenLocalPlatform.GeoClient

Extends

System.Object
   ∟Feature
      ∟YPolyline

Summary

ポリライン

地図上に描画される線を表します。

Constructor Summary

属性 コンストラクタ名と説明
 
YPolyline(lls,option)
オプション指定コンストラクタ
 
YPolyline(lls)
コンストラクタ

Delegate Summary

属性 デリゲート名と説明
 
作成キャンセルイベント定義
 
作成終了イベント定義

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
ポリラインの地理座標を取得します。
 
ポリラインの地理座標列を取得します。
 
ポリラインの長さをkm単位で取得します。
 
ポリラインのピクセル座標を取得します。
 
ポリラインの地理座標列を設定します。
 
ポリラインの作成を地図上で開始します。

Event Summary

属性 イベント名と説明
 
作成キャンセルイベント
 
作成終了イベント

Constructor Detail

  • YPolyline(lls,option)
    オプション指定コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列
    {FeatureOption} option
    地物の描画オプション
  • YPolyline(lls)
    コンストラクタ
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列

Delegate Detail

  • CancelLine_EventHandler(sender,e)
    作成キャンセルイベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.EventArgs} e
    イベント引数
  • EndLine_EventHandler(sender,e)
    作成終了イベント定義
    Parameters:
    {System.Object} sender
    イベント発生主体
    {System.EventArgs} e
    イベント引数

Method Detail

  • GetLatLng()
    ポリラインの地理座標を取得します。
    Returns:
    {LatLng}
    地理座標
  • GetLatLngs()
    ポリラインの地理座標列を取得します。
    Returns:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}}
    地理座標列
  • GetLength()
    ポリラインの長さをkm単位で取得します。
    Returns:
    {System.Double}
    長さ(km)
  • GetPoint()
    ポリラインのピクセル座標を取得します。
    Returns:
    {YPoint}
    ピクセル座標
  • SetLatLngs(lls)
    ポリラインの地理座標列を設定します。
    Parameters:
    {System.Collections.Generic.List{LatLng}} lls
    地理座標列
  • StartDrawing()
    ポリラインの作成を地図上で開始します。
    作成が正常に完了した場合、EndLineイベントが発生します。作成がキャンセルされた場合、CancelLineイベントが発生します。

Event Detail