ヤフーの技術イベントにおける行動規範

はじめに

私たちは、ヤフーの技術イベントに参加するすべての人が安心して、有意義な時間が過ごせるよう、行動規範を制定しました。
※この行動規範は、Zホールディングスグループ行動規範の考え方をベースとしており、ヤフー株式会社によって随時改訂されます。
参加者とは、イベントとコミュニティーに関与するすべての人を含みます。(来場者・登壇者・審査員・運営スタッフ・主催企業・スポンサー企業、その他関係者)

参加者のみなさんに期待する行動

  • ハラスメント行為に加担しないこと。
  • 相手を尊重して行動すること。
  • 法令を遵守すること。(知的財産権・商標・意匠・その他の権利侵害をしない)
  • 妨害行為をしないこと。(破壊的や威圧的な言動・武器や危険物の持ち込みをしない)
  • スタッフの指示に従うこと。

アンチハラスメントポリシー

いかなる場合もハラスメントは許容しません。反する行為があった場合、警告や退去勧告などの対策を講じます。
相手に嫌な思いをさせてしまったら、それはハラスメントです。これらについての不快な言動・表現・差別を含みます。

  • 性のこと:性差・性同一性・性的指向
  • 体のこと:容姿・身体的特徴・年齢・ハンディキャップ(障がい・病気)
  • 文化のこと:国籍・言語・宗教・支持政党・社会的身分
  • 迷惑行為:不適切な接触・ストーカー・妨害・脅迫・強要・販売・勧誘・斡旋・望まない写真撮影や録音録画・その他イベント趣旨とは異なる行為

不適切な行為を見つけたら

もしハラスメントを感じたり、不適切な行為を目撃した場合、お近くの運営スタッフまでお声がけください。
もしくは以下、各イベントのメールアドレス宛にご連絡ください。

  • Tech Conference:tech-conf@mail.yahoo.co.jp
  • Hack Day:hackday-pj@mail.yahoo.co.jp
  • Hack U:hacku-pj@mail.yahoo.co.jp
  • その他技術イベント:yj-techmeetup@mail.yahoo.co.jp

ヤフーの技術イベントで発信を行う際に気をつけたいポイント

  • イベントの趣旨と異なる発信
    SNSやライブコメントにて、容姿や外見などイベントの趣旨と異なる発信は避けるようお願いいたします。
    技術イベントなので、考察や質問など、技術の話で一緒に盛り上げていただけると幸いです。
  • 撮影や画面収録
    撮影や画面収録を許可しているイベントでも、他者や他者の著作物が映り込む場合は、本人、著作者に必ず許諾を得てください。
    撮影可能か否か、わからない場合はお近くのスタッフまでお尋ねください。
  • 性の扱い
    不適切なのは、性的表現だけに限りません。
    例えば男性・女性はこうあるべきというラベリングも不快感につながります。
  • 他者の著作物(写真、映像、素材集、楽曲、キャラクターなど)
    スマホの写真一枚でも、それは撮影した人の著作物です。
    使用する素材が、著作権を侵害していないか、改めてご確認ください。
    有名なフリー素材集を含め「利用規約」は存在します。
    用途や規模などに約束事はないか、必ずご確認の上、使用許諾を得るなど著作物を正しく使用してください。
    使用に際して「たぶん大丈夫」と曖昧な状況であれば、使用を避けるようお願いいたします。

2021年12月9日制定