自然言語理解

Yahoo!音声アシストでも使われている自然言語理解Web APIを利用して、アプリケーションを作成できます。

日本語文を解析し、情報の抽出を行う機能を提供します。

リクエストURL

JSON
https://jlp.yahooapis.jp/NLUService/V1/analyze

リクエストパラメータ

仕様

パラメータ 説明
appid(必須) string アプリケーションID。詳細はこちらをご覧ください。
intext(必須) string 解析対象のテキストです。
sample<n> string カスタムルール。詳細はカスタムルールの追加 仕様をご覧ください。
dict<n> string カスタム辞書。詳細はカスタム辞書の追加 仕様をご覧ください。

過去のリクエスト履歴を引き継ぐ場合

レスポンスフィールドに含まれるパラメータの末尾に_prev<n>をつけ、そのままリクエストパラメータとしてすべて含めてください。リクエスト履歴は過去3回分まで引き継がれます。 詳細はサンプルコードを参考にしてください。

パラメータ
param_place_prev1 string 新宿
...

サンプルリクエストURL

https://jlp.yahooapis.jp/NLUService/V1/analyze?appid=<あなたのアプリケーションID>&intext=%E6%96%B0%E5%AE%BF%E3%81%AE%E5%A4%A9%E6%B0%97

サンプルコード

自然言語理解を使用したサンプルコードです。

レスポンスフィールド

詳細はこちらをご覧ください。

共通フィールド

フィールド 説明
result 解析結果のすべてを含みます。
result/intext 新宿の天気 リクエストの入力テキスト。
result/method WEATHER 応答ドメインの種類。TRANSIT(乗り換え)、WEATHER(天気)、SAY(雑談)など。
result/status 200 応答ステータスの種類。
  • 200 - 正常。言語理解できて応答が返せる場合。
  • 201 - 正常。言語理解できず応答が返せない場合。
  • 400 - 異常、エラー。
  • 特定のレスポンスのみに存在するフィールド (抜粋)

    フィールド 入力テキスト例 説明
    result/param_method_subcat FROMTO 東京から京都まで 応答ドメインのサブカテゴリ
    result/param_from 東京 東京から京都まで TRANSITやMAPなどで起点となる場所
    result/param_to 京都 東京から京都まで TRANSITやMAPなどで終点となる場所
    result/param_place 新宿 新宿の天気 WEATHERやMAPなどで対象となる場所
    result/param_text 眠いときが寝どきです。 眠い SAYなどでの応答文
    result/param_query トゲアリトゲナシトゲトゲ トゲアリトゲナシトゲトゲを検索 SEARCHなどでの検索クエリ

    サンプルレスポンス

    以下は、intext=新宿の天気 のリクエストに対するレスポンスです。

    {
      "result": {
          "intext": "新宿の天気",
          "method": "WEATHER",
          "nvm_that": "新宿",
          "param_method_subcat": "GENERAL",
          "param_place": "新宿",
          "status": "200",
          "var_intext": "新宿の天気",
          "var_intext_normalized": "新宿の天気",
          "var_intext_timestamp": "1514364931",
          "var_test_btsc": "31"
      }
    }

    エラー

    自然言語理解はYahoo! JAPAN Web APIに共通のエラーメッセージおよびコードを返します。

    利用制限

    自然言語理解Web APIは、24時間以内で1つのアプリケーションIDにつき50000件のリクエストが上限となっています。また、1リクエストの最大サイズを100KBに制限しています。詳しくは「利用制限」をご参照ください。

    アプリケーションの管理

    目次

    開発のヒント