概要

リクエストキーにdict[0-99]を含めることでAPIにカスタム辞書を追加し、カスタムルールにその辞書を利用することができます。

仕様に登場する用語

用語 説明
入力テキスト APIに入力として与えるテキスト。例 : 今日の天気
入力テキストパターン APIのレスポンスをカスタマイズしたい入力テキストのパターン。正規表現に近い記法が可能。詳細はカスタムルールの追加 仕様をご覧ください

仕様

共通

dict0, dict1, ..., dict99までの、最大100個の辞書を追加可能。
  • 「dict0=<辞書名>,<単語リスト> 」のようにリクエストに含めると、カスタムルールの入力テキストパターンに、定義した辞書を利用することができる
  • 辞書は0から順に与えなくてはならない
  • dict0, dict2, dict3のように順番がとんだ場合、とんだ数字以降の辞書は無視される(この例だとdict2とdict3)
  • 0未満、100以上の数字のルールは無視される
  • dict0, ..., dictNに同じ辞書名が存在しても良い。その場合、一つの辞書に統合される
    • 例 「dict0=$RAIN_ITEM,長靴」かつ「dict1=$RAIN_ITEM,傘,折り畳み傘」とした場合は、「dict0=$RAIN_ITEM,長靴,傘,折り畳み傘」とした場合と同じとなる
  • 辞書名と単語リストは合計で1024byte未満でなければいけない
例えば、「dict0=$RAIN_ITEM,長靴,合羽,傘,折り畳み傘」は$RAIN_ITEMという辞書名で、「長靴、合羽、傘、折り畳み傘」のいずれかにマッチする辞書を追加することができます。

辞書名

  • '$'で始めなければならない
  • '$'の後に続く文字列は、英大文字もしくは'_'(アンダースコア)でなければならない
例えば、「$SAMPLE」や「$RAIN_ITEM」は辞書名として使用できますが、「$sample」や「$サンプル」や「SAMPLE」は使用できません。

単語リスト

単語は','(カンマ)区切りで記載する。