エラーメッセージおよびコード

API呼び出し時に問題がある場合は、HTTPエラーコードとともにレスポンスを受けたり、XMLエラーレスポンスを受けたりします。

REST

エラーコード

返される可能性のあるHTTPエラーコードは以下のとおりです。なお、Web APIがYahoo! ID連携に対応している場合は、更に詳細なエラーメッセージを返します。詳しくはYahoo! ID連携のエラーメッセージおよびコードをご覧ください。

コード 説明
400 Bad request. 渡されたパラメータがWeb APIで期待されたものと一致しない場合に返されます。このメッセージは何が間違っているか、何が正しくないかを伝えます。
401 Unauthorized. 許可されていないアクセスであった場合に返されます。
403 Forbidden. リソースへのアクセスを許されていないか、利用制限を超えている場合に適用されます。
アプリケーションIDが削除された場合にも返されます。
404 Not Found. 指定されたリソースが見つからない場合に返されます。
500 Internal Server Error. 内部的な問題によってデータを返すことができない場合に返されます。
503 Service unavailable. 内部的な問題によってデータを返すことができない場合に返されます。

XML本文

各エラーにおいて、次の形式のXMLレスポンスを受け取ります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Error>
  <Message>error message</Message>
</Error>
   

JSON本文

各エラーにおいて、次の形式のJSONレスポンスを受け取ります。

{
  "Error" : {
    "Message" : "error message"
  }
}
  

PHPserialize本文(シリアライズ前)

各エラーにおいて、次の形式のPHPserializeレスポンス(シリアライズ前)を受け取ります。

array(
    'Error' =>  array(
        'Message' => '(error message)'
    )
);