チュートリアル

Yahoo! AndroidマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

利用準備

事前に「アプリケーションID」を取得しておく必要があります。詳細はこちらをご覧ください。

本ライブラリはorg.codehaus.jacksonが必要です。 下記のURLよりダウンロードを行ってください。

http://wiki.fasterxml.com/JacksonDownload

Androidプロジェクト直下にlibsフォルダーを作成し、ライブラリ(jar形式ファイル)を配置します。

pin_green_l.pngpin_head_l.pngpin_violet_l.pngpin_red_l.pngmoreicon32.pngback.pngargoal.pngarkeiyu.pngcompass48.pngpin_start.pngpin_route.pngpin_goal.pngの各画像ファイルを、res直下のdrawable-hdpiフォルダーに配置します。

※フォルダーがない場合は適宜作成してください。ファイル名は変更してはいけません。

フォルダーの作成

ライブラリをビルド・パスに追加します。

ライブラリをビルド・パスに追加

MapActivityを継承します。

import jp.co.yahoo.android.maps.*;
public class MapTestActivity extends MapActivity {
}
   

isRouteDisplayed()メソッドを追加します。

緯度経度の表現について

本SDKで扱う緯度経度は、世界測地系(単位:度×1E6)です。

(例)東京ミッドタウンの緯度経度

GeoPoint mid = new GeoPoint(35665721, 139731006);
  

これで準備ができました。以下の章を参考に、SDKを使ってみましょう。