チュートリアル

Yahoo! AndroidマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

YDF情報を表示する

YDFのURLを指定することにより、YDFに記載された拠点情報を、マーカーや線分(ポリライン)、ポリゴンといった形で地図上に描画することができます。

「YDF」とは
YDF(YOLP Data Format)は、Yahoo! Open Local Platform(YOLP)の標準データフォーマットです。
地図を表示するAPIと、拠点データを出力するWeb APIとの間の入出力をスムーズに行うため、シンプルなデータ構造に統一します。
YDFについての詳細は、こちらをご覧ください。
なお、座標測地系について、YDFの仕様としては世界測地系および日本測地系に対応していますが、本SDKでは世界測地系のみに対応しています。
MapTestActivity.java
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
  super.onCreate(savedInstanceState);

  MapView mapView = new MapView(this,"アプリケーションID");
  setContentView(mapView);
  try{
    javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory dbf = javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory.newInstance();
    javax.xml.parsers.DocumentBuilder db = dbf.newDocumentBuilder();
    java.net.URL url = new java.net.URL("http://~");
    java.io.InputStream is = (java.io.InputStream)url.getContent();
    org.w3c.dom.Document doc = db.parse(is);
    is.close();
    mapView.getOverlays().add(new YDFOverlay(doc));
  }catch(Exception e){
  }
}
  
  • YDFOverlayインスタンスを作成します。
  • OverlayにYDFを追加します。

YDF情報の表示例:
以下のYDF情報を読み込みます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<YDF>
  <Feature>

    <Id>1</Id>
    <Name>東京タワーから東京駅</Name>
    <Geometry>
      <Type>linestring</Type>

      <Coordinates format="lon,lat">139.745081,35.658333 139.763215,35.681155</Coordinates>
      <Datum>wgs</Datum>
    </Geometry>
  </Feature>

  <Feature>
    <Id>2</Id>
    <Name>東京タワー</Name>
    <Geometry>
    <Type>point</Type>

      <Coordinates format="lon,lat">139.745081,35.658333</Coordinates>
    </Geometry>
  </Feature>

  <Feature>
    <Id>3</Id>

    <Name>東京駅</Name>
    <Geometry>
      <Type>point</Type>
      <Coordinates format="lon,lat">139.763215,35.681155</Coordinates>

    </Geometry>
  </Feature>
</YDF>
   
実際の画面では以下のように表示されます。
YDF情報の表示例