チュートリアル

Yahoo! iOSマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

地図を表示する

まずは、地図を表示してみましょう。種類は「標準地図」になります。

  • YMapKit.frameworkのヘッダーファイルをインポートします。
  • YMKMapViewのイベント取得のためのYMKMapViewDelegateプロトコルを設定します。
YMapKitTestAppDelegate.h
#import <UIKit/UIKit.h>

#import <YMapKit/YMapKit.h> //YMapKit.frameworkのヘッダーファイルをインポート

//YMKMapViewDelegateを追加
@interface YMapKitTestAppDelegate : NSObject <UIApplicationDelegate, YMKMapViewDelegate> {
    UIWindow *window;
    YMKMapView *map; //YMKMapViewインスタンス用ポインタ
}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet UIWindow *window;

@end
  • YMKMapViewのインスタンスを作成します。その際に「アプリケーションID」を設定します。アプリケーションIDについての詳細は、こちらをご覧ください。
  • 地図の種類として、標準地図を指定します。
  • YMKMapViewを親Viewに追加します。
YMapKitTestAppDelegate.m
#import "YMapKitTestAppDelegate.h"

@implementation YMapKitTestAppDelegate

@synthesize window;

#pragma mark -
#pragma mark Application lifecycle

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
  //YMKMapViewのインスタンスを作成
  YMKMapView* map = [[YMKMapView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 320, 320) appid:@"アプリケーションID" ];

  //地図のタイプを指定 標準の地図を指定
  map.mapType = YMKMapTypeStandard;

  //YMKMapViewを追加
  [window addSubview:map];

  //YMKMapViewDelegateを登録
  map.delegate = self;

  //地図の位置と縮尺を設定
  CLLocationCoordinate2D center;
  center.latitude = 35.6657214;
  center.longitude = 139.7310058;
  map.region = YMKCoordinateRegionMake(center, YMKCoordinateSpanMake(0.002, 0.002));

  [window makeKeyAndVisible];
  return YES;
}

標準地図の表示例:
標準地図の表示例