YOLP(地図)

タイル画像仕様

目次




タイル画像仕様

タイルの構成

Yahoo!地図は複数のタイル画像で構成されています。 ズームレベルによるタイルの個数は以下の式で求められます。

タイルの枚数 = 2^(2 × (z - 1))
z=2のときは4個のタイル、z=3のときは16個のタイルで構成されます。
※z=1のときのみタイルは2個で構成されます。

タイルのピクセル座標

地図のタイルは1個あたり256×256ピクセルで構成されています。
原点は経度-180度の北西の地点が原点となります。xの値は東に行くほど増え、yの値は南に行くほど増えます。
また、ズームレベルによるピクセル空間の1辺は以下の式で求められます。

ピクセル空間の1辺 = 256 × 2^(z - 1) 
z=2のときは256×256ピクセルのタイル4個から構成され、合計で512×512のピクセル空間となります。
z=3のときは256×256ピクセルのタイル16個から構成され、合計で1024×1024のピクセル空間となります。つまり、例えばz=3のときはx、yのピクセルは0~1024×0~1024の範囲で一意に参照できます。

タイル座標の命名規則

経度-180度、緯度0度を原点にし、原点からのx、y座標で命名されます。
xは経度-180度を基準に0からスタートし、東に行くほど1ずつ加算されます。
yは緯度0度を基準にこれより北のときは0からスタートし、上に行くほど1ずつ加算され、これより南の時は-1からスタートし、下に行くほど1ずつ減算されます。
例えばz=3のときは下図のように構成され、個々のタイル画像はx、yの値で表現されます。 タイル座標の命名規則