YOLP(地図)

Serviceクラス

Service クラス

クラス一覧へ

Class GeoCoder

ジオコーダ

Class Summary

属性 クラス名と説明
 
住所をテキスト検索するジオコーディング機能や逆ジオコーディング機能をを提供します。

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
execute(request, callback, error)
ジオコーディングを実行します。
 
ジオコーディングする際に使われるアプリケーションIDを設定します

Class Detail

  • GeoCoder()
    住所をテキスト検索するジオコーディング機能や逆ジオコーディング機能をを提供します。

Method Detail

  • execute(request, callback, error)
    ジオコーディングを実行します。
    Parameters:
    {Object} request
    リクエストオブジェクト
    {String} query
    検索キーワードです。
    {LatLng} latlng
    緯度経度です。
    {String} contents
    コンテンツジオコーディング対象文字列です。
    {Function} callback
    結果を受け取るコールバック関数(YDF
    {Function} error
    エラーを受け取るコールバック関数
  • setApplicationId(appId)
    ジオコーディングする際に使われるアプリケーションIDを設定します
    Parameters:
    {String} appId
    アプリケーションID

Class LocalSearch

ローカルサーチ

Class Summary

属性 クラス名と説明
 
YOLP検索機能を提供します。

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
getPoi(cid, uid, callback)
POIを指定してローカルサーチを実行します。
 
search(keyword, cid, options, callback)
ローカルサーチを実行します。
 
ローカルサーチによる検索をする際に使われるアプリケーションIDを設定します

Class Detail

  • LocalSearch()
    YOLP検索機能を提供します。

Method Detail

  • getPoi(cid, uid, callback)
    POIを指定してローカルサーチを実行します。
    Parameters:
    {String} cid
    カセットID
    {String} uid
    ユニークID
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF
  • search(keyword, cid, options, callback)
    ローカルサーチを実行します。
    Parameters:
    {String} keyword
    キーワード
    {String} cid
    カセットID(複数指定は、半角コンマ区切りとする)
    {Object} options
    検索オプション
    {String} gid
    GID(店舗ID)を検索できます。
    {String} sort
    ソートの方法を指定します。
    {String} start
    取得開始位置を指定します(最大3000)。
    {String} results
    取得件数を指定します(最大100)。
    {String} detail
    出力項目数を増減できます
    {String} bbox
    矩形範囲の左下経度、左下緯度、右上経度、右上緯度を世界測地系十進形式で指定(コンマ区切り)。
    {String} lat
    中心緯度です。
    {String} lon
    中心経度です。
    {String} dist
    検索距離(km)です。
    {String} ac
    住所コード(JIS X 0401 5けたの数字)です。
    {String} uid
    ユニークID(PoiId)です。
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF
  • setApplicationId(appId)
    ローカルサーチによる検索をする際に使われるアプリケーションIDを設定します
    Parameters:
    {String} appId
    アプリケーションID

Class DatumConvert

測地系変換

Class Summary

属性 クラス名と説明
 
測地系変換機能を提供します。

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
convertToTky(latlng, callback)
測地系変換(世界測地系→日本測地系)
 
convertToWgs(latlng, callback)
測地系変換(日本測地系→世界測地系)

Class Detail

  • DatumConvert()
    測地系変換機能を提供します。

Method Detail

  • convertToTky(latlng, callback)
    測地系変換(世界測地系→日本測地系)
    Parameters:
    {LatLng} latlng
    対象緯度経度
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF
  • convertToWgs(latlng, callback)
    測地系変換(日本測地系→世界測地系)
    Parameters:
    {LatLng} latlng
    対象緯度経度
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF

Class Gid

店舗名寄せ

Class Summary

属性 クラス名と説明
 
Gid()
店舗の名寄せAPI機能を提供します。

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
get(name, latlng, options, callback)
店舗名寄せ候補の取得

Class Detail

  • Gid()
    店舗の名寄せAPI機能を提供します。

Method Detail

  • get(name, latlng, options, callback)
    店舗名寄せ候補の取得
    Parameters:
    {String} name
    名称
    {LatLng} latlng
    緯度経度
    {Object} options
    オプションパラメータ
    {String} address
    住所文字列
    {String} phone
    電話番号文字列
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF

Class WeatherPlace

気象情報

Class Summary

属性 クラス名と説明
 
指定した地点の気象情報を返します。

Method Summary

属性 メソッド名と説明
 
execute(coordinates, options, callback)
気象情報APIを使って指定した地点の気象情報を取得します。
 
気象情報APIによる検索をする際に使われるアプリケーションIDを設定します。

Class Detail

  • WeatherPlace()
    指定した地点の気象情報を返します。

Method Detail

  • execute(coordinates, options, callback)
    気象情報APIを使って指定した地点の気象情報を取得します。
    Parameters:
    {String} coordinates
    緯度経度(経度,緯度をコンマ区切りで指定、スペースで複数点指定)
    世界測地系で指定してください。
    最大10点まで同時に指定できます。
    例:135.0,35.0 136.0,36.0
    {Object} options
    オプション
    {String} date
    取得したい気象情報の日付をYYYYMMDDHHMIで指定します。
    現在から2時間前までの日時を指定できます。 例:201212201200
    デフォルト値は現在の日時です。
    {String} past
    出力に過去の時間のデータを追加します。
    0:出力に過去のデータを含みません。(1時間後までを出力します。)
    1:出力に過去1時間のデータを追加します。(1時間前から1時間後までを出力します。)
    2:出力に過去2時間のデータを追加します。(2時間前から1時間後までを出力します。)
    デフォルト値は0です。
    {Function} callback
    コールバック関数 (YDF
  • setApplicationId(appId)
    気象情報APIによる検索をする際に使われるアプリケーションIDを設定します。
    Parameters:
    {String} appId
    アプリケーションID