更新履歴 2014年02月04日

Yahoo!ボックスAPIをリリースしました!

ボックスWebAPIリリース

こんにちは。Yahoo!ボックスの開発を担当しております。瀬川です。 Yahoo!ボックスではボックスWebAPIをリリースしました。 ボックスWebAPIはYahoo! JAPAN初のオンラインストレージを扱う事ができるAPIです。 今回はボックスWebAPIを使い始める方法から、どのようなAPIがあるかまでご紹介させていただきます。

Yahoo!ボックスとは

Yahoo!ボックスとは写真やドキュメントなど、あらゆるファイルをオンラインストレージで管理できるサービスです。 ブラウザー、PCアプリ、スマートフォンアプリで展開しており、マルチデバイスでの利用ができます。 Yahoo! JAPAN IDを取得することで無料で5GB,Yahoo!プレミアム、またはYahoo! BB会員は50GB,有料会員は100GBの容量が利用できます。 現在、Yahoo!ボックスのユーザー数は1000万人をこえており、APIを公開したことでそれだけのユーザー様へのリーチが出来るアプリケーションの開発が出来ることになります。 また、Yahoo! JAPAN IDのログインのみで認証を取ることが出来るので、Yahoo! JAPANの他のサービスで使用されている既存のYahoo! JAPAN IDも取り込むことが出来るという強みもあります。

ボックスWebAPIの利用方法

まずは、開発者向けガイドページをご覧いただき、利用条件やFAQをご確認ください。

Yahoo! JAPAN IDでログイン後、Yahoo!デベロッパーネットワークのトップから、「アプリケーションの管理」へ移動します。 すでにアプリケーションを開発していらっしゃる方はアプリケーションの一覧から「編集」へ。 新規に開発される方は「新しいアプリケーションを開発」へ。 「利用するスコープ」のチェックボックスの「ボックス参照・更新機能」にチェックを入れてください。 これで開発するアプリケーションIDにボックスWebAPIへのアクセス権限が付与されます。 ボックスWebAPIを実際にアプリケーションに組み込んでお使いいただくためには、OAuth2.0に準拠したYahoo! ID連携認証認可を通す必要があります。 Yahoo! ID連携についてはこちら

ボックスWebAPIで何ができるのか?

Yahoo!デベロッパーネットワークにて日本語でドキュメントが公開されています。 各機能につきましては公開されているドキュメントをご参照ください。

Yahoo!ボックスAPI一覧

※法人のWebAPI商用利用については、Yahoo! JAPANのWebサービスを商用目的で使いたいをご確認いただきお問い合わせください。

今後の展望について

APIの種類については、デベロッパーの皆さまにとって、より有用なYahoo!ボックスの活用方法ができるようなAPIの追加を考えています。 また、今後スマートフォンにフォーカスしたSDKの展開を目指しています。 ボックスAPIを利用したアプリケーションの開発を、一同お待ちしております。よろしくお願いいたします。

同じカテゴリの記事一覧