チュートリアル

Yahoo! AndroidマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

ルート案内をARで表示する

取得した現在位置情報をもとに、カメラを使ったルート案内機能を提供します。

ARControllerをNaviControllerに設定することで、ルート案内情報をAR画面上に表示させることができます。

1.AndroidManifest.xmlにカメラのpermission設定します。サンプルでは向き変更時にonCreateが呼ばれないように「configChanges」の設定を追記します。

<activity android:name=".MapTestActivity" android:label="@string/app_name"
      android:configChanges="orientation|keyboardHidden">
</activity> 

<uses-permission android:name="android.permission.CAMERA" />
<uses-feature android:name="android.hardware.camera" />
      

2.MapActivityのサブクラスを用意し、ARControllerListenerインターフェースを実装します。

public class MapTestActivity extends MapActivity implements ARControllerListener,NaviControllerListener, RouteOverlayListener
      

3.ARControllerを作成しNaviControllerに設定します。

ARControllerインスタンスもメンバーに含めておくといいでしょう。
ARは横画面のみ対応です。

//横向き固定
this.setRequestedOrientation(ActivityInfo.SCREEN_ORIENTATION_LANDSCAPE);
this.getWindow().addFlags(WindowManager.LayoutParams.FLAG_KEEP_SCREEN_ON);

//ARControllerインスタンス作成
arController = new  ARController(this,this);

//ARControllerをNaviControllerに設定
naviControl.setARController(arController);

//案内処理を開始
naviController.start();
      

4.ARでのルート案内を終了する場合はARControllerをNaviControllerから削除します。

//ARの停止処理
arController.onPause();

//案内処理を継続しない場合は停止させる
naviController.stop();

//ARControllerをNaviControllerから削除
naviController.setARController(null);