ショッピング

ストアシステム利用約款

ヤフー株式会社(以下「ヤフー」という)の提供するショッピングストアシステムの利用を希望する者(以下「申込者」という)は、ヤフーが定める以下のショッピングストアシステム利用規約(システム開発用)(以下「本規約」という)に同意したうえで、その利用をヤフーに申込むものとする。また、申込みをした場合、ヤフーは申込者が本規約に同意したものとみなす。

本規約はすべての利用者(本規約に同意し、ショッピングストアシステムを利用して開発を行う者で、ヤフーと本規約に基づきショッピングストアシステムの利用に関する契約を締結した者をいう。以下同じ)に適用される。

ヤフーは、本規約の内容を任意に変更または廃止できるものとする。なお、ヤフーは、当該変更または廃止が利用者に重大な不利益を及ぼすと判断する場合に限り、事前に告知する。

第1条(用語の定義)

本規約の用語の定義は、本規約に定めのないものについては、別途ヤフーが提示する Yahoo!ショッピングストア利用約款の定義と同一とする。

第2条(契約の成立)

1. 申込者がヤフーに対し、本規約に同意のうえ、ヤフー所定の方法により申込みを行う。
2. ヤフーは申込者に対し、申込者にショッピングシステムの利用を認める場合、ショッピングストアシステムのアクセス権限情報を発行し通知する。
3. 申込者が前項のアクセス権限情報を受領した時点で、申込者とヤフーとの間にショッピングストアシステムの利用契約(以下「本契約」という)が成立する。

第3条(ショッピングストアシステムの利用)

1. ヤフーは、利用者にショッピングストアシステムを提供し、利用者は、本契約に従い、ショッピングストアシステムを利用する。
2. 利用者は、Yahoo!ショッピングの出店者向けのショッピングストアシステムとの連携機能を有するシステムを開発するため、ショッピングストアシステムの仕様を確認する目的に限り、ショッピングストアシステムを利用することができる。
3. 利用者は、前項にかかる利用に際し、ヤフーに対して、商品等の情報をYahoo!ショッピング上に掲載するための開店審査の申請をしてはならず、万一ショッピングストアシステム等のトラブルによりYahoo!ショッピング上に商品等の情報を掲載できる状態になったとしてもこれを掲載してはならない。

第4条(対価)

本契約に基づくショッピングストアシステムの利用の対価は、無償とする。

第5条(開発の委託)

1. 利用者は、第 2 条により自己に付与されたアクセス権限情報を、利用者の委託先にも開示して当該委託先にショッピングストアシステムを利用させる場合、ヤフー所定の方法により事前の承諾を取得するものとする。
2. 利用者は、前項に基づき、委託先にショッピングストアシステムおよびそのアクセス権限を利用させる場合、当該委託先に対して本契約と同等の義務を順守させることとし、当該委託先以外による利用は認められないことに同意する。
3. 利用者はヤフーに対し、本条に基づきショッピングストアシステムおよびそのアクセス権限を委託先に利用させた場合であっても、ショッピングストアシステムおよびそのアクセス権限の利用に関する一切の責任を負うことを保証する。

第6条(免責)

1. ヤフーは、ショッピングシステムをヤフーがその時点で保有する状態で利用者に提供し、利用者の利用目的、要求もしくは利用態様に適合することまたはバグなどの不具合がないことを含め一切保証しない。また、ヤフーはショッピングシステムのバグなどの不具合を修正、改良等する義務も一切負わないものとする。
2. ヤフーは、ヤフーが必要と判断した場合、利用者に対する事前の通知なくショッピングシステムの全部または一部の提供を中止または停止することができるものとする。
3. ヤフーは、本契約に基づく利用者に損害が発生した場合でも、利用者に対し当該損害を賠償する責任を一切負わないものとする。
4. 利用者によるショッピングストアシステムの利用についてショッピングストア利用約款は適用されず、利用者はヤフーに対してショッピングストア利用約款に基づき、何らの権利を主張することも、何らの請求をすることもできない。

第7条(知的財産権)

1. 本契約は、ヤフーまたはヤフーに権利を許諾する者(以下「権利許諾者」という)が保有する知的財産権について、利用者に対して譲渡または何らの実施権、利用権その他の権利を付与するものではない。
2. 利用者は、第 3 条第 2 項に定める連携機能を有するシステムに、ヤフーの許可なくヤフーまたは権利許諾者が保有する知的財産権を組み込んで開発してはならない。

第8条(契約期間)

ヤフーは、利用者に対して何らの責任を負うことなく、利用者に対する通知により、いつでも本契約を終了させることができるものとする。なお、本契約終了後も、第 5 条、第 6 条、第 8 条ならびに第 9 条第 1 項、第 3 項および第 4 項は有効に存続するものとする。

第9条(一般条項)

1. 利用者はヤフーから秘密情報である旨を明示された情報および本契約の内容を、本契約終了後 2 年を経過するまで第三者に開示、提供、漏洩し、また本契約に定める目的以外の目的に使用してはならないものとする。
2. ヤフーは、利用者が反社会的勢力であることまたは反社会的勢力と関与したことが判明した場合、何らの事前の通知、催告なしに、直ちに本契約を含む利用者とのすべての契約の全部または一部につき、何らの責任を負うことなく、その債務の履行を停止し、または解除することができる。
3. 本契約に関する訴訟については、訴額に応じ東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
4. 本契約の成立、効力、履行および解釈については日本法に準拠する。




以上
(2014 年 3 月 12 日制定)