WEBへの導入

2022年5月31日をもちましてYahoo! ID連携 v1のサポートを終了いたしました。
引き続きYahoo! ID連携を利用される場合は、至急Yahoo! ID連携 v2へ移行いただくようお願いいたします。
v2の移行方法はこちらよりご確認ください。

STEP1: 利用言語を決める

Yahoo! ID連携のフローはとてもシンプルなので容易に実装できますが、SDKを利用するとさらに簡単に実装できます。

  • 第三者が提供しているSDK
    • Ruby
      ※第三者が提供しているSDKについてはYahoo! JAPANのサポート対象外となります。

アプリケーションの管理

Yahoo! ID連携 v1

開発のヒント