チュートリアル

Yahoo! iOSマップSDKの主要機能をひととおり体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

雨雲を表示する

気象庁が公開しているデータを元にして地図上に、最新の雨雲レーダー情報を重ねて表示します。

1.ViewController.hにYMKWeatherOverlayDelegateプロトコルを追加します。

  • ViewController.h
@interface ViewController : UIViewController <YMKMapViewDelegate, YMKWeatherOverlayDelegate>

2.YMKWeatherOverlayを作成します。

YMKWeatherOverlayを作成し、YMKMapViewに追加します。

  • ViewController.m
// YMKWeatherOverlayを作成
YMKWeatherOverlay * weatherOverlay = [[YMKWeatherOverlay alloc] init];

// YMKWeatherOverlayをYMKMapViewに追加
[map addOverlay:weatherOverlay];

3. 雨雲レーダー情報の自動更新は「mapView:(YMKMapView *)mapView viewForOverlay:(id <YMKOverlay>)overlay」でYMKWeatherOverlayViewを作成し、設定を行ないます。

  • ViewController.m
// overlay追加イベント
- (YMKOverlayView*)mapView:(YMKMapView *)mapView viewForOverlay:(id <YMKOverlay>)overlay
{
    //追加されたoverlayがYMKWeatherOverlay か確認
    if([overlay isKindOfClass:[YMKWeatherOverlay class]] ){
        // YMKWeatherOverlayView作成
        YMKWeatherOverlayView *weatherOverlayView = [[YMKWeatherOverlayView alloc]initWithWeatherOverlay:overlay];

        // YMKWeatherOverlayDelegateの設定
        weatherOverlayView.delegate = self;               

        // アルファ値を設定
        weatherOverlayView.alpha = 0.6;

        return weatherOverlayView;
    }

    return nil;
}

// 画面の更新が行なわれると通知されます。
-(void)finishUpdateWeather:(YMKWeatherOverlayView*)weatherOverlayView
{
 
}

// 雨雲レーダー情報の取得でエラーが発生したら通知
-(void)errorUpdateWeather:(YMKWeatherOverlayView*)weatherOverlayView withError:(int)error
{
 
}

表示例:雨雲レーダー情報を表示する
雨雲レーダー情報を表示する