チュートリアル

Yahoo! iOSマップSDKの主要機能を一通り体験していただくための開発チュートリアルを用意しました。
「利用準備」を済ませたうえでご利用ください。

利用準備

事前に「アプリケーションID」を登録する必要があります。アプリケーションIDについての詳細は、こちらをご覧ください。

このチュートリアルでは、「View-based Application」テンプレートを使用して新規プロジェクトを作成します。

このチュートリアルでは、「YMapKitTest」という名称でプロジェクトを作成します。

YMapKit.frameworkを任意の場所にコピーします。

プロジェクトを開き、「Frameworks」を選択し、「Add Files to "YMapKitTest"」を選択します。

フレームワークの追加

ダイアログからYMapKit.frameworkを選択し、フレームワークを追加します。

YMapKitに必要な、以下のフレームワークをプロジェクトに追加します。

  • UIKit.framework
  • SystemConfiguration.framework
  • CoreGraphics.framework
  • CoreLocation.framework
  • Foundation.framework
  • OpenGLES.framework
  • QuartzCore.framework
  • libxml2.2.dylib

mapsdk_ios.zipファイル内のimagesフォルダに含まれる各画像ファイルを、プロジェクトのリソースに追加します。

  • imagesフォルダ内の画像ファイル
    画像ファイルの追加
  • リソースに追加
    リソースに追加

緯度経度の表現について

YMapKitで扱う緯度経度は、世界測地系(単位:度)です。

(例)東京ミッドタウンの緯度経度

CLLocationCoordinate2D center;
center.latitude = 35.6657214;
center.longitude = 139.7310058;

これで準備ができました。では実際にSDKを使ってみましょう。